ネットで稼ぐ方法!〜初心者でもわかるまとめサイト〜

スイスフランショックからみた取引業者選び

スイスフランショックとは

 

2015年1月15日、スイス中央銀行がスイスフランに対する為替介入の停止を発表しました。

 

これまでは、対ユーロに対し1.2以上を維持する政策を宣言しており、その通り介入を行っていました。

 

しかし、介入できるコストを資金的に超えたため、介入を撤回したことからスイスフランはユーロに対して瞬間的に41%も上昇しました。

 

この出来事が「スイスフランショック」です。

 

スイスフランショックにより大富豪になった方もいますが、大きな損を出したトレーダーが大勢います。

 

 

なぜスイスフランショックは起こったの?

 

なぜスイスフランショックが起こったのでしょうか。

 

それは、スイス中央銀行のスイスフランに対する為替介入の中止を発表したため、スイスフランの信頼度が急変したからです。

 

これまでは対ユーロに対して「1.2以上を維持する」とスイス中央銀行が約束していました。

 

スイスフランは銀行が守ってくれるという約束・信用があったため、「リスク回避通貨」という位置として広まっていました。

 

しかしこの約束が撤廃されたことでスイスフランの信用度が激変しました。

 

投資家への影響

 

スイスフランショックの影響により、スイス通貨が絡むペアは5分で1600pips、20分で3700pips動きました。

 

FXでは強制ロスカットのしくみがあるため、「基本的には」借金が発生することはありません。

 

海外FX業者

海外FX行はゼロカットを導入しています。

 

口座に入金しているお金が0になれば強制ロスカットとなり、それ以上の損失を追うことはありません。トレーダーの損失は証拠金だけとなります。

 

そのため海外FX業者は追証がありません。

 

国内FX業者

国内FX業者には追証がありますので、口座に入金していた証拠金額以上の損失が発生した際には、FX会社に対する負債が発生することがあります。

 

FXの利用規約にあるように証拠金以上の損失が発生する可能性があることと、その時の損失は個人投資家が負うに同意して取引していますので支払う義務があります。

 

 

今回のような大暴落で、レートがとび強制ロスカットが間に合わなかった場合でも投資家に口座入金額以上の損失(借金)が発生する可能性のあるシステムであるということです。

 

しかし今回はレートがとびロスカットが正常に行われなかったことがFX取引会社の落ち度として、個人投資家が損失を支払うということはなかったそうです。

 

用語

ロスカット

ロスカットとは、損益がある一定レベルに達したときに、更なる損失の拡大を未然に防ぐために、強制的に決済する制度です。

 

追証

追証とは、委託保証金が足らなくなってしまった場合に、足らなくなった分の金額を追加で証券会社に収めなくてはならない追加保証金のことです。

予期せぬ為替変動への対策

今回のような予期せぬ為替変動に対応して負債を発生させない為に最も簡単な方法は、海外FX業者を選ぶことです。

 

海外FX行はゼロカットを導入しているので、損失は証拠金だけで済みます。

 

信頼できる海外FX業者を選べば、国内FX業者よりはるかに安全に取引できるでしょう。

 

私のオススメは『XMTrading』です。日本人トレーダーからの人気No.1と言って良いほど人気のある海外FX口座です。

 

日本人スタッフによる丁寧なサポート環境も整っているため、初心者の方でも始めやすくオススメです。

 

関連記事:FX口座選び

 

 

トップページ 本当にネットで稼げるの? ポイントサイトで稼ぐ 知らなきゃ損!アフィリエイト情報! FXで稼ぐ サイトマップ